Webライター フリーランスノウハウ

未経験からプロのWebライターになる方法【稼げないフリーランス必見】

未経験からプロのWebライターになる

「未経験からプロのWebライターになりたいんだけど、どうしたらいいんだろう。仕事の獲得方法はもちろん、フリーランスとして食べていける額の稼ぎ方も教えて欲しい。」

という悩みにお答えします。

 

パラレルキャリアのRyotaです。ブログ、メディア運営を中心とした働き方で生計を立てています。Webライターとしても各企業さんから仕事を頂いて活動しています。

 

当記事の内容はこちら

  1. 未経験からプロのWebライターになる方法
  2. 文字単価3円以上の案件を獲得するための方法・準備
  3. これからのWebライターに必要な2つのこと

 

実際に文字単価3円のWebライターとして活動している私なのでお伝えできることがあります。Webライターは誰でも挑戦しやすい仕事なんですけど、月10万円以上稼ぐにはコツがあるんです。

1度稼げるようになればフリーランスの安定した収入源の1つになります。挑戦する価値はありますよ。

仕事の受注方法から高単価案件の獲得まで、1つずつ丁寧に解説します。収入面に不安のあるフリーランスはどうぞお役立てください。

SPONSORED LINK

1.未経験からプロのWebライターになる方法

個人オフィスで働くプロのWebライター

個人オフィスで働くプロのWebライター

以下の3つです。

  1. クラウドソーシングでライティング案件を引き受ける
  2. クライアントと文字単価1円以上で業務委託契約する
  3. 大手メディアの寄稿・求人に応募する

この流れなら2ヶ月以内に月10万円を稼ぐことも可能です。(もちろん1日8時間ほどの作業は必要ですが。)

Webライターのメリットとして勉強本を1冊用意すれば即作業ができる点があります。プログラミングのように『未経験だと何もできない…。』という状況にはなりません。

1記事に10時間かかるかもしれません。でも実践した方が上達します。

方法① クラウドソーシングでライティング案件を引き受ける

これからクラウドソーシングの仕事をする

これからクラウドソーシングの仕事をする

クラウドワークスやランサーズに登録。ライティングのタスク案件・プロジェクト案件を引き受けます。

フリー男性
いきなり引き受けちゃってできるんです?
ほぼ全ての会社・個人がマニュアルを作成しています。キーワードやタイトル・見出しも指定されてますのでちゃんと作成できますよ。
Ryota

Webライターの仕事内容は難しくありません。指定どおりの記事を提出するだけです。

クライアントは主に時短のためにライターに仕事を依頼しています。方向性の違う記事を提出されてもお互いにガッカリです。

そうならないよう、細かくマニュアルで指定されてます。もちろん最初は失敗も多いでしょう。でもクライアントからのフィードバックで修正していけば大丈夫ですよ。

連絡を取る。細かく質問する。努力する。納期を守る。

ここを厳守できるならスキルが低くても喜ばれます。クラウドソーシングだと音信不通になるライターさん多いんですよ…。

稼ぎつつライティングスキルを高める

最初から1円でも稼げると『頑張ろう!』って思うじゃないですか。

フリーランスはどれだけでもサボれます。モチベーションが低ければ作業効率も落ちてプロにはなれません。お金を稼ぎつつ勉強することで高いモチベーションを維持できます。

おすすめクラウドソーシングと登録方法は以下のとおりです。このまま登録しましょう。

おすすめのクラウドソーシング
フリーランスが仕事を獲得できる"おすすめ"クラウドソーシング4社

続きを見る

ランサーズで仕事を始めるまでの流れ
これであなたもWebライター!ランサーズで仕事を始めるまでの流れ

続きを見る

方法② クライアントと文字単価1円以上で業務委託契約する

業務委託契約の書類にサインしている男性

業務委託契約の書類にサインしている男性

文字単価の高い案件を継続的な仕事にできます。

フリー男性
文字単価1円以上でも高単価なんです?
時給2,000円を狙えますからね。決して低くありませんよ。初心者向けのライティング案件だと0.2円とかですから…。
Ryota

文字単価はジャンルとも関係があります。以下のとおりです。

0.2円未満 | 日記、体験談、各種タスク案件

0.2~0.5円 | キュレーションサイトの依頼、恋愛、日常的な分野

0.5~1円 | アフィリエイト系(商品紹介・美容・健康系)

1~3円 | 住宅系・転職系・カメラ系など専門知識が必要なもの

3円~ | 金融・法律・キャッシング系などお金や人生に関わってくるもの

文字単価1円以上は専門的知識が必要になります。あなたの得意ジャンルで文字単価1円を獲得できたらお得ですよ。引き受けましょう。

Webライターとして月10万円以上獲得できればプロです。いきなり上を目指しすぎず、コツコツと積み重ねていきましょう。

目標とする金額が分からなければ『Webライターの収入・月収を解説『あなたが目標にする文字単価も丸分かり』』をご覧ください。参考になります。

 

クラウドソーシングを窓口にします

文字単価1円以上の業務委託案件はクラウドソーシングの案件からステップアップで獲得します。

  1. 文字単価0.5円の案件を引き受ける
  2. クライアントが求める以上のクオリティで提出する
  3. クライアントが喜ぶ
  4. 継続して欲しいのであなたに業務委託を依頼する

上記のとおりです。

※直接の取引になるかクラウドソーシングを介して業務を続けるかはクライアント次第です。

低価格かつ連絡頻度の少ないクライアントは切りましょう

クラウドソーシングにはWebライターを利用しようとするクライアントがいます。

  • いきなり直連絡を求める
  • 途中で音信不通になる
  • 同価格で指定以上の文字数を求める

あなたの時給が下がる一方です。割に合わないクライアントを切ることも必要です。

クライアントと連絡が取れない
クライアントと連絡取れない時の対処法及び考え方『勉強代にする』

続きを見る

方法③ 大手メディアの寄稿・求人に応募する

寄稿を募集している大手メディア

寄稿を募集している大手メディア

大手メディアの仕事を引き受けることでブランディング+高単価案件獲得につながります。

「寄稿募集」で検索するといくつか見つかります。

例えば小学館の雑誌『サライ』が募集していますね。

クラウドソーシングと違い審査は厳しいです。正しい日本語が使えるのは当たり前。ひねった文章やトレンド感をプラスした記事が求められます。

しかし、大手の雑誌やメディアと関係を持つことで『高単価の仕事』とつながりやすくなります。

ライター求人に応募するのもアリです

『ライターカテゴリ』のあるフリーランス向け求人サイトがあります。業務委託案件・完全リモートで契約できる仕事があります。

クラウドソーシングと違って『時給で働ける仕事』も見つかります。生活の基本となる収入をフリーランス向け求人サイトで探すのもおすすめです。

 

ライター向け求人サイトはこちらで紹介しています。

文系フリーランス向け求人サイト
【Webライター】文系フリーランス向けおすすめ求人サイト6選

続きを見る

 

月50万円以上稼ぐ『上位のWebライター』になる場合も上記の方法が基本です。上記方法にプラスで文字単価アップの交渉に必要な武器を作ります。

SPONSORED LINK

2.文字単価3円以上の案件を獲得するための方法・準備

プロのWebライター

プロのWebライター

準備は以下の2つ。

  1. ライティングスキルを高める
  2. ポートフォリオとしてのブログを立ち上げる

これを利用して文字単価アップ交渉・単価の高い案件獲得をします。実績や実力がないと交渉ができません。

文字単価はスキル×営業力で上がります。

スキルが高くても営業力がないと使い潰されるだけです。気をつけましょう。

準備① ライティングスキルを高める

ライティングの勉強が必要

ライティングの勉強が必要

『SEOライティング』『セールスライティング』を身につけるのはもちろん、他のライターには書けない文・バズりやすい文も書けるようになりましょう。

クライアントに損をさせなければ文字単価交渉がしやすくなります。

フリー男性
クライアントに損をさせない?
慈善事業でメディア運営しているわけじゃないですからね。記事を通じて利益を出せるなら、あなたの報酬を上げても損しません。そこを狙います。
Ryota

オウンドメディアなら自社製品の販売につなげたいはず。それならセールス文が使えますよね。クライアントも「これなら売りやすい…!」と喜んでくれます。

アドセンスでマネタイズしているメディアならSEOライティングを考えます。オリジナルの画像を入れるなど、オリジナリティを出せば喜ばれます。

Webライターの時給は文字単価×文字数

半年ほど毎日ライティングしていれば勝手に指が動くようになります。脳みそで考えた言葉がそのままタイピングされるイメージですね。

こうなると1時間で2,000~3,000文字の執筆が可能。でも、1時間で5,000文字タイピングするのは厳しいです。だから文字単価アップを狙います。

2,500文字×1円×6時間×22日=330,000円

2,500文字×2円×6時間×22日=660,000円

数字にすると違いが良くわかりますよね。

逆に文字単価が高くても内容が難しすぎる案件はおすすめしません。執筆速度が遅くなり、結果的に時給が下がるためです。

文字単価1.5円程度でサクサク書ける案件を複数持つことがコツ。

ライティングの勉強方法は大きく5つあります。

  1. ライティング用の書籍で学ぶ
  2. 有名メディアの記事から学ぶ
  3. 自分でブログを運営する
  4. 初心者向け案件を受ける
  5. ランサーズのWEBライティング技能検定講座

それぞれ詳しくは以下の記事をで解説しています。

webライターの勉強方法
Webライターの勉強方法を徹底解説『文字単価3円を達成するために』

続きを見る

スランプで記事が書けなくなった時の対処について

基本的に勉強・リサーチ不足です。

『案件のジャンル以外の情報も必要』なことを忘れてるライターさんが多いです。料理のレシピを書くとして、食材の『栄養素』まで書けたら素敵な記事になりますよね。

パソコンの前でネット情報だけを元に書くのはやめましょう。プロのWebライターになるには一次情報の獲得が必要です。

▼記事が書けなくなった時の対処法はこちら▼

Webライターなのに記事が書けない
Webライターなのに記事が書けないスランプの対処法『理由も解説』

続きを見る

準備② ポートフォリオとしてのブログを立ち上げる

当ブログのトップページ

当ブログのトップページ

自分でブログを運営して、クライアントに仕事っぷりをアピールします。

デザイナーと違ってWebライターは自分の技能をアピールできません。どれだけ『上手に書きますよ!』と言っても伝わりませんよね。この状態で文字単価交渉なんて無理です。

でもポートフォリオがあれば違います。

  • どういう記事を書けるのか分かる
  • 月10万PVを達成するSEOの知識がある

上記のアピールが可能。

Webライターのポートフォリオ作成方法について

ブログを立ち上げて運営することです。

ポートフォリオになるのはもちろん、名刺代わりにもなります。ブログを通じて依頼を獲得することも可能。さらに、ブログ自体が収益源になります。

 

以下の3記事を見ればブログ作成方法とメリットが分かります。

フリーランスのブログ活用法
フリーランスのブログ活用法『月収50万1日6時間勤務実現のために』

続きを見る

名刺代わりのブログのメリット
名刺代わりのブログを作成するメリットと注意点『フリーランス必見』

続きを見る

Webライターのポートフォリオ
Webライターのポートフォリオに適したワードプレステーマ5選

続きを見る

 

次にライティングスキルとポートフォリオを使って『文字単価アップ』を狙う具体的方法を3つお話します。

方法① 魅力的な提案文・企画書を提出する

クライアントが求めているものについて

クライアントが求めているものについて

高単価案件の獲得がしやすくなります。

文字単価2円以上の案件ってライバルが多いんですよね。でも、提案文や企画書に実績記載することで通りやすくなります。

もちろん文字単価の低い案件にも盛り込みます。内容次第でクライアントがあなたを欲しがりますよね。最初から文字単価交渉も可能です。

 

具体例は以下の記事で紹介しています。

企画書の書き方
クライアントが喜ぶWebライターの企画書・内容の書き方を解説

続きを見る

方法② 書きやすいWebライター案件に応募する

自分でブログを立ち上げるとWordpress入稿が可能になります。Wordpress入稿は文字単価が上がるだけでなく、執筆速度も上がります。慣れた作業だからです。

Wordpress入稿とは

WordPressを使って作られたブログ、メディアに直接記事を書く方法です。文字の装飾・画像挿入など、多方面のことが求められる反面、文字単価が大きく上がります。

何が書きやすくて何が書きづらいかの判断もできますよね。

  • ブログ的な自由に書ける記事が得意
  • Wikiのようにアカデミックな記事が得意

上記のとおり。

短時間で良品を納品できるとクライアントの評価も上がります。文字単価交渉もしやすくなりますね。

※書きやすい案件選びのコツは以下の記事をご覧ください。

Webライター案件の選び方
Webライター案件の選び方は4つ『サクサク書けて評価も上がる』

続きを見る

取材案件も高単価です

取材や撮影を含む案件は高単価です。

1日がかりになりますけど、文字単価3円~を狙えます。取材内容から記事を書くため、書きやすいのも魅力的ですね。

取材は服装・持ち物などの準備が大切。取材先の印象が良ければ継続案件にもなります。

Webライター取材時の服装
Webライターが取材に行く際の服装について『持ち物も一緒に紹介』

続きを見る

 

取材案件に便利なツールについて

取材で音声データを録音した場合、雑音が多くて使えないことが考えられます。雑音を簡単に消す便利ツールがありますのでお試しください。

※以下の記事でツールの使い方と『少ないノイズで録音する方法』を解説しています。

関連記事 ボイスレコーダーのノイズ除去方法『取材インタビュー音声データに便利』

 

取材時の撮影について

取材相手の笑顔を撮影しましょう。あなたはプロのカメラマンじゃありません。オシャレな写真の撮影で勝負するのは無理です。

記事の印象を良くするための撮影を考えると『笑顔』『明るい写真』なんですよね。簡単に撮影するポイントも紹介しています。あわせてご覧ください。

取材の撮影のポイント
取材の撮影で気をつける3つのポイント『ライター初心者向け』

続きを見る

方法③ ブログから直接依頼を受ける

コワーキングスペースでブログを書いている女性

コワーキングスペースでブログを書いている女性

ブログのお問い合わせフォームから直接依頼をもらえます。

多数のライターがいる中で『あなたを名指し』で依頼されるって凄いこと。文字単価も高くなります。

私は直接依頼で文字単価3円を獲得しています。

ただし、何となくブログを書いているだけではダメ。

  • Webライターの仕事を募集している
  • こんな案件が得意
  • 文字単価は○○円から承ります。最初の1記事はお試しで○○円でも可能です

上記のことを記載しましょう。

 

今後、Webライターの数は激増します。需要があることと、副業が推進されていることが理由です。そのため、これからのWebライターは良い記事を書く以外のことも求められます。

3.これからのWebライターに必要な2つのこと

Webライターの地位を確立した女性

Webライターの地位を確立した女性

以下の2つです。

  1. 自分をブランド化する(ブランディング)
  2. クライアントの気持ちを体験する

Webライターは将来性のある仕事です。

しかし、どんな仕事もそうであるように『試行錯誤』しないのはダメ。ライティングスキルを上達させるのは当たり前です。

Webライター作業ではなく、あなた自身に価値を付けると高単価+継続案件獲得につながります。

① 自分をブランド化する(ブランディング)

余裕で作業するWebライター

余裕で作業するWebライター

あなたがブランド化されると常に仕事が舞い込むようになります。あなたに記事を書いてもらうだけで価値が出るためです。

フリー男性
芸能人的なイメージです?
その通りです。主婦が記事を書くのと、辻希美さんが記事を書くって価値がぜんぜん違いますよね。辻希美さんになら30万円支払っても記事を書いてもらう価値があります。そういうイメージです。
Ryota

ただ機械的に記事を書いていてもあなたに価値は出てきません。

  • SNSで有益な情報を発信する
  • 記事の書き方をブログで発信する
  • 様々な記事のプロフィール欄に登場する

このようにブランディング戦略を行います。

 

「この人に書いて欲しい」を目指しましょう

これまでの経験や実績を組み合わせてあなただけの価値を作りましょう。

私の場合、ブログ月収120万円を達成しています。私に記事を書かせれば『記事作成の基本となる記事』になりますよね。

Webライター+『ブログ月収120万円達成』がブランドの1つになります。

ランサーズなら『認定ランサーズ』を目指すのもアリ。ブランドの1つになります。

最終的にWebライターの仕事をキャリアにする

あなたの価値ができれば『Webライターの仕事』がキャリアになります。「あなただから仕事をお願いしたい。」になりますからね。

今のようにクラウドソーシングで仕事が受注できなくなっても、個人的に仕事を依頼されるでしょう。

  • 取材案件を受ける
  • Webライティング以外のライティング仕事もする

上記2つを経験すれば他のWebライターより一歩前に勧めます。職務経歴にもなりますよね。積極的に獲得しましょう。

フリーランスのマネタイズに便利なページ
フリーランスのマネタイズに便利な『収益性の高いページ』の作り方

続きを見る

② クライアントの気持ちを体験する

ブログを見ているクライアント

ブログを見ているクライアント

既にお話したようにクライアントがWebライターを使う理由は『時短』です。加えて言うなら『結果』も求めてます。

クライアントの立場になればWebライターとして何が求められているか分かります。

たまに『納期は守ります。』とアピールしているWebライターがいます。これってビジネスでは当たり前。何のアピールにもなりません。むしろ、納期を守って来なかった人しかこういうこと書きませんよね。
Ryota

期待に答えてくれるライターなら単価アップしようって思います。そこを見抜きましょう。

例えば以下のとおり。

  • 売上に貢献してくれる
  • 急な依頼も快く引き受けてくれる
  • 足りない情報を付け加えてくれる
  • 面倒な作業もしてくれる(画像添付など)

 

アフィリエイトブログ・メディア運営をしましょう

クライアントの気持ちを知るには自分でブログ、メディア運営するのが1番です。運営してみると簡単に検索順位が上がらないって分かります。

クライアントよりライティングに関して詳しくなりましょう。

Webライターがアフィリエイトをするメリット
Webライターがアフィリエイトをする3つのメリット『単価アップ』

続きを見る

まとめ:未経験からでもプロのWebライターになれます

未経験から半年以内に稼げるようになる仕事って数えるほどしかありません。Webライターはその1つ。在庫の無い仕事なので失敗してもリスクがほとんどありません。

フリーランスになったらとりあえず挑戦しておきましょう。もしプログラミングなど他に稼げるスキルがあったら儲けもの。専門的知識があるので、Webライター案件の強みにできますよね。

当記事をロードマップ的に活用して月10万円以上獲得を目指しましょう。

 

以上、「未経験からプロのWebライターになる方法【稼げないフリーランス必見】」という記事でした。

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-Webライター, フリーランスノウハウ

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.