フリーランスノウハウ 生活について

ノマドのフリーランスに向いている人と向いていない人の違い『体験談』

ノマドのフリーランスについて

「ノマドのフリーランスに憧れがあるんだけど、向き不向きってあるのかな。知らない土地にノートパソコン1台で行くって勇気が入りそう…。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばノマドのフリーランスに向いている人と向いていない人の違いがわかります。

 

パラレルキャリアのRyotaです。メディア運営とWebライター中心に生計を立てているため、ノマド的に行動できないことはないです。でも基本的に自宅の中だけで作業をしています。

 

当記事の内容はこちら

  1. ノマドのフリーランスに向いている人と向いていない人の違い
  2. ノマド的に作業をするリスクについて

 

『作業効率を1番に考える』『刺激を必要としない』『人と何かをしたいかどうか』の3つです。

また、外出先のノートパソコン作業ってセキュリティ面でリスクがありますよね。

それぞれ詳しく解説します。

SPONSORED LINK

1.ノマドのフリーランスに向いている人と向いていない人の違い

ノマドフリーランスの向き不向き

ノマドフリーランスの向き不向き

以下の3つです。

  1. 作業効率を意識するか
  2. 刺激を必要とするか
  3. 人と何かをしたいか

例えばコワーキングスペースで作業するとして、移動の時間が必要です。コワーキングスペースの利用代金も交通費もかかってきますよね。それって『無駄』じゃないですか。

でも、外で作業する方が効率が上がる人がいます。この違いで考えましょう。

フリー男性
なるほど。性格的な部分ですね。
そうです。旅行しつつ作業するみたいに考えない方がいいですよ。
Ryota

旅行好きだからノマド的なフリーランスになりたい!だとズレちゃいます。旅行と『生活拠点がない』は違います。

拠点をコロコロ変えるスタイルだと『開業届』とか『株主配当を受け取る』とか、住所記載が必要な部分で面倒が出てきます。そういうデメリットにも目を向けましょう。

① 作業効率を意識するか

作業効率の意識について

作業効率の意識について

コロコロと作業場を変えると移動時間と交通費がかかります。このコストと『外作業での効率』を考えて、効率の方が大きいかどうかです。

フリー男性
ただ雑談しちゃって終わりなら微妙ですもんね。
そうですね。あくまで作業時間は確保しないといけません。
Ryota

後は仕事内容的にノートパソコンで作業ができるかもポイント。

私の場合は音楽制作をすることもあります。デスクトップパソコン+入力用の鍵盤・オーディオインターフェスが必須。ノートパソコンでは作業ができません。

メディア運営にしても複数のディスプレイがあった方が便利な人もいますよね。そういう部分も含めて『効率』を考えます。

※ただ外に出て人と話したいだけならシェアハウスでいいですよね。時間を決めてリビングで人と話す。それ以外は自分の部屋で作業。

ノマドはシェアハウス以上に自己管理が必要です。移動しつつ1日数時間の作業時間の確保って難しいですよ。

② 刺激を必要とするか

知らない土地のコワーキングで作業する男性

知らない土地のコワーキングで作業する男性

ノマドフリーランスは『キラキラしたイメージ』がありますよね。

  • 知らない土地で知らない人と出会える
  • どんな場所でも働ける
  • いつも刺激に溢れている

この『安定とは違った自由』に魅力を感じるかどうかです。

フリー男性
魅力を感じない人なんているんです?!
自分の城、居場所を作りたい人には向いてません。
Ryota

例えば仕事で『半年間、海外に勤めてくれ。』って言われて嬉しいかどうかです。私は全く嬉しく思いません。その仕事をお断りすると思います。2週間くらいなら行ってもいいですね。

例えばいきつけの美容院で髪を切ってるとします。生活の場所を定期的に変えてるといきつけの場所がなくなりますよね。それがストレスに感じます。

安定を望む既婚者は在宅が多い

既婚者フリーランス・パラレルワーカーの中には自宅メインで仕事をする人をチラホラ見かけます。家族と一緒が嬉しいんですよね。

あなたがいつか結婚するとして、その時も自由の生き方をしたいかどうかを考えてみましょう。

③ 人と何かをしたいか

人と何かをしたいかどうか

人と何かをしたいかどうか

外向的性格かどうかです。

外向的性格とは

誰かと一緒にいるとストレスが減っていく。一人の時間だとストレスがたまる。

拠点を変えると初めての場所が増えます。仕事はともかく、生活上必要なことで新しい人と会う機会ばかりなんですよね。

人と会うのがストレスだとノマドは続きません。

内向的でHSPだと在宅の方が安心

外向的性格の逆で『一人の時間でストレスが減っていくタイプ』だと在宅が向いてます。家の中でホっとする時間が必要だから、在宅ほどいい環境ってないんですよ。

刺激に弱いHSPの人もノマド的な働き方は向いていないといえますね。

ノマド的に生きていくので忘れてならないのは『リスクへの備え』。知らない土地で作業するとどういう人があなたの作業を覗き見しているかわかりません。

SPONSORED LINK

2.ノマド的に作業をするリスクについて

ノマド的に作業するリスクについて

ノマド的に作業するリスクについて

セキュリティ面の不安です。

例えばコワーキングスペースを利用しているだけでも情報漏えいのリスクがありますよね。管理の甘い人になるとパソコンを置いたままトイレに行っちゃうとか…。

フリー男性
日本なら大丈夫じゃないです?
あなたの商売道具ですからね。0.1%でもリスクがあるなら備えるべきです。
Ryota

▼コワーキングスペース利用時のリスク対策はこちら▼

コワーキングスペースの使い方
コワーキングスペースの使い方・メリット・仕事につなげる方法を解説

続きを見る

リスク:セキュリティ面に不安がある

具体的には以下の3つです。

  • 作業内容の漏えい
  • パスワードの流出
  • スマホ・ノートパソコンの盗難

無料wifiを使っているだけでもリスクがあります。あなたのパソコンに侵入してパスワードを抜かれるとか、そういう話も聞きますね。

クライアントから仕事を依頼されている場合、コンプライアンスの問題もあります。場合によっては責任問題に発展します。

パソコン画面を見られるだけでも注意が必要

あるあるなのはパソコン画面を見られて情報を取られること。

フリー男性
ツイッターでも見かけますね。
そうなんです。「○○さんのブログの文章をコピーしてた!」みたいな話が拡散されてたことがあります。
Ryota

つまりパスワードとかも見られてるってことです。どういうブログを運営しているかを見られるだけでもリスクですよね。

ノマドフリーランスならリスクへの対策は必須

セキュリティやリスク対策はしておこう

セキュリティやリスク対策はしておこう

クライアントから『情報漏えいしたから責任取ってね。』という状況だけは対策しておきましょう。いきなり数百万の請求とかされても困っちゃうじゃないですか…。

フリー男性
リアル…。
他人事じゃないですよ。後はパソコンが盗まれて納期に遅れたとか。会社だと1日の納期遅れて大損害な可能性ありますから。
Ryota

万が一の補償だけは入りましょう。

リスクについてはフリーランスの3つのリスク『対処しないと生活が終わる可能性あり』という記事が参考になります。

 

フリーランス向けの補償サービス

  • FREENANCE | なんと無料でミスや納期遅れ、第3者がケガをした時の補償がついてくる
  • フリーランス協会 | 月額およそ800円で補償+福利厚生や様々なサービスが付属する

※それぞれ詳細記事にリンクしてあります。サービス内容も細かくわかります。

まとめ:ノマドのフリーランスは性格面で働き方が変わります

ノートパソコン1台で完結する仕事をしている場合、ノマド的な生活スタイルが選べます。ノマドのフリーランスの向き不向きは以下の3つでわかります。

  1. 作業効率を意識するか
  2. 刺激を必要とするか
  3. 人と何かをしたいか

ただし、外での作業はセキュリティ面で不安があります。ノートパソコンのセキュリティを強化するだけでなく、盗難や破損などのリスクにも備えましょう。

 

以上、『ノマドのフリーランスに向いている人と向いていない人の違い『体験談』』という記事でした。

 

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-フリーランスノウハウ, 生活について

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.