フリーランスノウハウ

音楽系フリーランスとは『仕事の種類・収入・勉強方法・生活を解説』

音楽系フリーランスとは

「音楽系のフリーランスってどういう仕事をするんだろう。収入の話や音楽の勉強方法。普段の生活なんかを教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。当記事を見れば音楽を通じて稼ぐ方法・気になる収入のことなどが分かります。

 

パラレルキャリアのRyotaです。音楽活動でも年収100万を達成しており、音楽プロダクションとの契約・個人でCD販売などをしてきました。

大学は音大。当時の仲間たちの状況についてもお話していきます。

 

当記事の内容はこちら

  1. 音楽系フリーランスの仕事の種類について
  2. 音楽系フリーランスの収入の話『ピンキリ』
  3. 普段の生活リズムや、作曲・音楽活動について

 

実際に音楽で収入を得てきた私なのでお伝えできることがあります。正直言って厳しい世界です。でも、お金を稼ぐ道は意外とたくさんあるんですよ。

プレイヤー・ビジネスなど様々な分野の音楽仕事を紹介しつつお話しますね。音楽系フリーランスになりたい方・なった方どちらにも役立つ内容になっています。どうぞご覧ください。

SPONSORED LINK

1.音楽系フリーランスの仕事の種類について

音楽系フリーランスの仕事の種類について

音楽系フリーランスの仕事の種類について

以下の3つに分けられます。(もっと細かくもありますが、現実的なものだけまとめています。)

  • 音楽ビジネス系の仕事 | ライターなど
  • プレイヤー的な仕事 | ライブのサポート・スタジオ演奏など
  • 作曲・DTMでの仕事 | オーディオストック・スキル販売など

DJや大学の非常勤講師枠で収入を得ることも可能です。ただし狭き門なので現実的ではありません。やはり作曲やビジネス系でお金を稼ぐことになりますね。

① 音楽ビジネス系の仕事

音楽ビジネス系の仕事について

音楽ビジネス系の仕事について

広告系の仕事に近いです。

  • 音楽ライター
  • イベントやライブの企画
  • 音楽系のアプリやサービスの開発

音楽系のアプリやサービスだと『環境音を録音。店舗でBGMで配信』した人がいましたね。個人でも発想次第で作成できます。(しかも低予算。)

音楽ライターは『音楽系の雑誌やメディアに所属する』または『個人で音楽メディアを立ち上げる』のどちらかになります。

イベントやライブの企画はコネクションが必要。難易度は高めです。

② プレイヤー的な仕事

プレイヤー的な仕事について

プレイヤー的な仕事について

演奏力を売ります。実力はもちろん、コミュニケーション力も必要ですね。

  • ライブのサポート演奏
  • スタジオ録音時の演奏
  • 作曲時のお手伝い

事務所に所属することもあります。作曲の仕事もこなしつつ、依頼があればサポートもするイメージです。

様々な楽曲を演奏するため楽譜は読めて当たり前。こちらから『こういう演奏にした方が良いですよ。』という提案ができるレベルだと仕事が増えます。

人気のない楽器(キーボードなど)の需要が高いですね。演奏上必要なのに演奏者がいないことが多いんです。

③ 作曲・DTMでの仕事

作曲・DTMでの仕事

作曲・DTMでの仕事

作曲スキルを活かして収入を得ます。個人の活動はもちろん、企業さんから仕事を貰うこともありますね。

  • オーディオストック販売
  • カラオケ配信での印税
  • 各種BGMや効果音の作成など

私が通っていた大学の先生はNHKの大河ドラマ楽曲を作成していました。音楽系フリーランスの最高峰の仕事だと考えられます。

サウンドプロダクションと契約して楽曲を提出。使用されたら著作権料を貰う収益化もあります。コネが必要。
Ryota
SPONSORED LINK

2.音楽系フリーランスの収入の話『ピンキリ』

音楽系フリーランスの収入の話

音楽系フリーランスの収入の話

音楽系フリーランスは稼げる人・稼げない人の幅が広いです。フリーランスとして全く稼げないのでアルバイト・パートを掛け持ちするレベルですね。

フリー男性
どうしてそんなに広がっちゃうんです?
アーティストよりの人が多いんですよ。プログラミングみたいに技術力で稼げる場所が少ないため、個性で勝負しようと思っちゃいます。その結果ですね。
Ryota

成功者の例として『こおろぎ』さんが分かりやすいです。ボカロとかもやってましたし、コツコツと個人で音楽制作を継続。企業からの仕事も多い+オーディオストックでも成果を出してます。

こおろぎさんを参考に収益を分散するのをお勧めします。

複数の仕事を掛け合わせて月20万稼ぐまでが壁

月20万を稼げるようになるまでが長い

月20万を稼げるようになるまでが長い

既にお話したように、音楽系はお金を稼げるようになるまでが大変です。

スキルマーケットを利用しても無名では依頼が来ません。最初にSNSなどを利用して『音楽をしている人』と認知してもらう必要があります。

個人ブログを運営して広告費+ブランディングを狙うのもありですね。音楽機材の物販で月2~3万を稼ぐことも可能です。

フリーランスのブログ活用法
フリーランスのブログ活用法『月収50万1日6時間勤務実現のために』

続きを見る

音楽物販に関してはサウンドハウスさんが大手。ASPを利用するならアクセストレードさんを使えば契約できます。

ストック系の仕事で月10万の獲得を狙う

基本の生活費を『不労所得に近い形』で手に入れましょう。そうすれば音楽活動に力を入れやすくなります。

  • オーディオストック
  • カラオケ配信
  • 音楽ブログの運営

お勧めはオーディオストックと音楽ブログの運営です。

オーディオストックはジングルや効果音の販売も可能。時間が短くて実用性のあるものを量産すれば月5万ほどが狙えます。

※100曲を販売すれば月2~3万と言われています。

音楽ブログは継続運営が条件なものの、物販で稼ぐことができます。音楽を始めたい・学びたい人向けに記事を書きましょう。ただし音楽ブログ自体は爆発的に稼げるジャンルではありません。

ブログ運営に関しては以下の記事をご覧ください。(私の別ブログです。)

作曲仕事の単価の例:映画音楽のプロデュースで8万

私の友人が音楽系の事務所で作曲の仕事をしていました。

映画音楽の全てを作成する仕事で1回8万円ほどです。事務所がお金を引いていくので、個人で引き受けることができれば20万近くになると考えられます。

映画音楽の場合、10曲単位で作成する可能性があります。短時間で楽曲を作成できるかが鍵ですね。

3.普段の生活リズムや、作曲・音楽活動について

音楽系フリーランスの生活や音楽活動について

音楽系フリーランスの生活や音楽活動について

音楽でどれだけ稼げているかで時間の使い方が変わります。既にブランディングも終わり、純粋に音楽のみで食べていける人の場合は以下のイメージですね。

  • 今日はオーディオストック用の曲を5曲書く
  • 今日は企業さんに依頼された音楽を作る
  • スタジオを確保。ギタリストにギターパートを録音してもらう

1日単位で音楽の仕事をします。

でも、音楽が仕事になっていない場合、100%『仕事を獲得するための時間』になります。

基本的な生活・時間の使い方

私が音楽メインの仕事をする日は以下のとおりです。

8:30~12:00 音楽系の記事を1本執筆

13:00~14:00 効果音の録音

14:00~17:30 録音した音を加工。音楽サイトに投稿。余った時間で楽曲製作

音楽ライターで食べている人なら執筆活動や取材の時間が延びますね。

音楽活動は人脈を広げ続けることがポイント

個人で獲得できる音楽の仕事ってたかが知れてます。

私の『無料音楽素材配布サイト』も『音楽記事執筆』も個人で作った仕事。企業から依頼があったものじゃありません。音楽系同士でつながって仕事を作っていかないと音楽の仕事は増えないんです。

  • 音楽活動特化のSNSアカウントを作る
  • 音楽系のライター募集に応募する
  • 友人のライブに参加する
  • 音楽系イベントの仕事に参加する

音楽系に限らず、フリーランスや事業主さんと会うのもお勧めです。違うスキルを持った人と会うことで『音楽以外の武器』ができますよね。

いくらいい音楽を作れても仕事になるとは限りません。自分を売り込む営業スキルも学びましょう。

個人事業主、フリーランスの人脈の広げ方
個人事業主・フリーランスの人脈の広げ方『実経験から4つ解説』

続きを見る

まとめ:音楽系フリーランスはストック収入確保が必須です

音楽系フリーランスは演奏以外も仕事になります。特に音楽ビジネス系はフリーランスとの相性がいいですね。

ただ、音楽自体がお金になりにくいものです。生活の基本となるストック収入確保のために、オーディオストックやブログを有効活用しましょう。

後はたくさんの人と会って仕事を増やす努力が必要です。5年・10年単位でコツコツと収入源を増やしましょう。

 

以上、「音楽系フリーランスとは『仕事の種類・収入・勉強方法・生活を解説』」という記事でした。

 

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-フリーランスノウハウ

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.