インタビュー フリーランスノウハウ

フリーランスのプロモーターって?長嶺圭一郎さんが語る"売る仕組み作り"とは

セールスプロモーターの圭一郎さん

「フリーランスの営業マン・プロモーターってどういう仕事をしているんだろう。どういう人が独立しているんだろう。」

このように不思議に思ったことはありませんか。

デザイナーやプログラマーがスキルを磨いて独立するのは想像できても、営業を個人で仕事にするのって想像しづらいですよね。

今回、インタビューさせて頂いたのはフリーランスのセールスプロモーター長嶺圭一郎さん。とんでもない人見知りなのに住宅メーカーでトップセールスを記録した実力の持ち主です。

圭一郎さんツイッター @ungaiizo

ブログ 自然体で営む攻めの技術

BBQとキャンプで起業家や経営者をつなぐお手伝い。ペライチ岐阜県代表サポーターやミラサポ派遣専門家という様々な肩書きをお持ちです。

独立の経緯や、今フリーランスで悩んでいる人たちのアドバイスも頂戴しました。どうぞご覧ください。

1.セールスプロモーターとして独立する前の生活・経緯について

圭一郎さん

【圭一郎さん】セールスプロモーター、マーケター

ー 最初に圭一郎さんが独立した経緯。それまでの経験についてうかがいました。

圭一郎:学生時代にラーメン屋でアルバイトをしてまして。それが楽しかったので住宅メーカーの営業になったんです。その時のスキルを元に独立しました。

ー 住宅メーカーの営業さんならたたき上げですよね。きっと厳しい毎日だったと思われますが…。

圭一郎:実は私、メチャクチャ人見知りなんですよ。初対面の人と話をするのができないくらいなんです。住宅メーカーに入って「あ、無理。」って思いました。

ー ええっ?!そうなんです?

圭一郎:住宅メーカーって想像通り体育会系なんですよね。また上司が理詰めで徹底的に追い込んでくるタイプだったんです。2時間説教されて泡を吹いて倒れた同僚いましたよw

ー 何というか…。努力されてきたんですね。

圭一郎:7年半働きました。全く成果が出ない時期もありまして、人と関わりたくなかったんですよね。でも手紙だけでトップセールスを記録した方の話を聞きまして。

圭一郎:とにかく人からのアドバイスや話を参考に続けてきました。そしたら岐阜でトップセールスを記録できたんです。なのに上司から叱られてましたねw

ー トップセールスなのに…。結果が出ているのに…。

圭一郎:そのうち病んできまして。思えばうつっぽかったんでしょうね。何ごとも『運がいい』って考えるのとかやってました。ツイッターのアカウント名も『@ungaiizo』でしょ?

ー それでの独立だったんですね…。納得です。

フリーランス営業マンの仕事内容とは

取り分けしてくれる圭一郎さん

インタビュー途中に、私やSKYさんに料理を取り分けてくれる親切さ

圭一郎:実は営業をやるつもりはなかったんです。取りあえず辞めちゃったんですよ。

ー 精神的に疲れていらっしゃったんですね。

圭一郎:まず色々やってみました。アフィリエイトもしましたし、物販・せどり・輸出輸入もしました。FXもやってますね。でも、やっぱり営業のスキルがあったので仕事になるんですよ。

ー 1番伸びてたスキルが役立つ。納得です。

圭一郎:キャンプやBBQを企画して出会いにつなげてます。後はチームを組んで、それぞれ得意なことを振り分けて仕事をしていますね。私は仕事を取ってくる感じです。

ー 昔からの付き合いがあった方々でしょうか?

圭一郎:いえ、独立してから出会った人たちばかりなんですよ。

圭一郎:仕事内容は売る仕組み作りですね。ステップメールや集客のコンサルなど。成約率をアップさせて、成果報酬をもらっています。

ー 成果報酬なんですね!それは凄い。

圭一郎:住宅メーカー時代で数字に追われるの慣れちゃってますからね。意外と大丈夫ですよw

ー これは経験しないと慣れませんよねw

2.リアルで行動して仕事でつなげる方法『企画など』

ー 圭一郎さんはBBQやキャンプを通じて仕事にする企画などをしています。インスタグラムも参考になります。

ー いつも素敵な企画をされているイメージがありますね。どうやってこのような企画を考えていらっしゃるんでしょうか。

圭一郎:実は完全に人からのアドバイスなんですよ。セールスのコンサルとか文章についても人から言われて「あ、そんなこともできるんだ。」って気がついたんです。

ー それを実践して仕事にしていると…。それはそれで凄いです。

圭一郎:店舗の人たちって『売ること』が苦手な人もいるじゃないですか。整体院なら整体だけしたい、技術だけ磨きたいみたいな。

圭一郎:そういう方にWebマーケティングやセールスを提案して仕事につなげてます。

ー それは分かりやすいですね。確かに特定のことには特化してるけど、セールスは別なこと多いです。

3.衝動的にフリーランスになって悩んでいる人たちへ

話しやすさが伝わる圭一郎さん

話しやすさが伝わる圭一郎さん

ー 最後に、最近増えた急にフリーランスになった方々にアドバイスはありますか。やっぱり後から悩んでると思うんですよ。

圭一郎:自分に敬意を持ってくれる人を増やすことです。

ー 敬意を持ってくれる人ですか?

圭一郎:そうです。ほら、ネットって同業者だけで集まってるじゃないですか。同業者だとどうしてもスキルや売上を比べちゃうでしょ。

ー 分かる気がします。数字で人を見ちゃうから、その『人』を見ないといいますか。

圭一郎:実は凄いスキルレベルが高いかもしれないですよね。でも、同業者の中だと分かんないんです。他の人と接すると客観的に分かります。

圭一郎:自分の自信を持つかどうかがモチベーションに関わります。そのために敬意を持ってくれる仲間を増やしましょう。

ー とても心に響きました。ありがとうございます。

以上でインタビューは終わりです。

色んな経験や出会いが組み合わさって今を作り上げているのがよく分かりました。こういう道もあるんだなと、新しい人生に出会えた新鮮さがありましたね。
Ryota

仕事を獲得するって簡単なことじゃありません。何よりもクライアントさんから信頼されないといけませんよね。

ついつい長く話をしたくなる…そういう部分が営業の力になっているのだろうなと感じました。

圭一郎さんのツイッターやブログでもセールスプロモーターについて学べます。この機会に勉強してはいかがでしょう。

圭一郎さんツイッター @ungaiizo

ブログ 自然体で営む攻めの技術

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-インタビュー, フリーランスノウハウ

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.