フリーランスノウハウ

フリーランスの無料補償制度『FREENANCE』のメリットを解説

フリーナンスについて

「フリーランス向けの補償制度を知りたい。クライアントに損失を与えた場合に支払えないって、車の保険に入っていないレベルで怖いし…。でも、お金はないから無料だと嬉しい。」

というあなたにFREENANCE(フリーナンス)をご紹介します。

 

パラレルキャリアのRyotaです。10年以上会社員+個人事業の働き方で生計を立ててきました。現在は正社員を辞め、会社からの業務委託契約+個人事業+音楽の著作権料+必要に応じてパートで収入を得ています。

 

当記事の内容はこちら

  1. フリーランスの無料補償制度『FREENANCE』について
  2. FREENANCEを使う2つのメリット
  3. FREENANCEを使うデメリット『利用時の手数料』
  4. FREENANCEの登録方法

 

実際に長く個人事業主として働いてきた私なのでフリーランスのリスクをお伝えできます。外で仕事している時に機材が壊れる・第3者を傷つけるって恐ろしいことなんですよね。

FREENANCEを使えば無料で車の任意保険レベルの補償が受けられます。詳しく解説しますので、補償に不安を感じていたら加入をおすすめします。

どうぞご覧ください。

\無料で最高5,000万円の損害賠償補償/

月額の利用料も必要なし

納期遅延や著作権侵害も補償される

1.フリーランスの無料補償制度『FREENANCE』について

FREENANCEのサービス内容について

FREENANCEのサービス内容について

サービス内容は以下の3つです。

  1. あんしん補償が受けられる
  2. 代金を即日支払ってもらうサービス
  3. 振込専用口座の開設
フリー男性
これは凄い…。しかも無料なんです?
代金を即日支払ってもらうサービスのみ3%の利用料ですね。どこかでマネタイズポイントが必要なので仕方ないかと。それでもあんしん補償無料は強いです。
Ryota

運営元はGMOですね。大手なので『補償ダメです。』みたいなことにもなりません。ご安心ください。

① あんしん補償が受けられる

あんしん補償について

あんしん補償について

車の任意保険的な『補償サービス』が付帯します。無料で利用できるのに手厚いんですよ。

  • 業務中の事故、仕事の結果の事故、受諾物の事故はそれぞれ最高5,000万円まで
  • 情報漏えい、著作権侵害、納品物の不備、納期遅延はそれぞれ最高500万円まで
フリー男性
そんなに補償って必要なんです?
フリーランスって全部自己責任ですからね。クライアントから1,000万円支払えって言われる危険と隣り合わせですよ。
Ryota

フリーカメラマンを例にすると分かりやすいです。撮影中に撮影者が怪我したら補償しないとですよね。ドローン撮影しててドローンが墜落。第3者を巻き込む危険もあります。

個人的に著作権侵害と納品物の不備が素敵だと思ってます。

Webライターってこの2つと隣り合わせ。頑張って書いた記事が実は著作権侵害してることありますから。その時に責任取れますか?というお話です。

>> FREENANCEは無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

② 代金を即日支払ってもらうサービス

代金の即日買い取りについて

代金の即日買い取りについて

FREENANCEがあなたの請求書を手数料3%で買い取ってくれます。その代金が即日銀行口座に振り込まれます。

フリー男性
ん?よっぽどのピンチじゃないと必要ないんじゃないです?
例えば、デザイナーさんに先にお金を支払わないとダメなケースあるじゃないですか。あなたが外注を使う場合に役立ちます。
Ryota

仕事を次々にこなしていると、外注費が重なっちゃうことあるんですよね。その時に「あ、前のお金まだ振り込まれてない!外注さんに支払う50万円が…。」というケースがあります。

もちろん、生活費がなくて1日も早く振り込んで欲しい時にも使えます。ただ手数料3%なのでちょい高めですね。

③ 振込専用口座の開設

振込専用口座について

振込専用口座について

FREENANCE用の収納代行口座が開設されます。こちらにお金が振り込まれて、あなたの銀行へ振り込まれる流れですね。

口座の維持手数料も必要なし。屋号やペンネームでの口座作成も可能です。ただし審査は必要。

 

FREENANCEはこのようにフリーランスの『困った』を助けるサービスです。特に大きいのは『無料で損害賠償補償』ですよね。

まだ補償に入っていないあなたは入る価値がありますよ。仕事に慣れてないと『まさかの失敗』ありますからね。

 

\無料で最高5,000万円の損害賠償補償/

月額の利用料も必要なし

納期遅延や著作権侵害も補償される

2.FREENANCEを使う2つのメリット

FREENANCEのメリットについて

FREENANCEのメリットについて

FREENANCEを使う『価値』がメリットになります。以下の2つです。

  1. あなたを使うクライアントが安心する
  2. 企業側に知られずお金が即振り込まれる

あんしん補償に入ると確かに『安心』ですよね。でも、この『補償があるよ』ってことが仕事獲得にもつながるんです。

メリット① あなたを使うクライアントが安心する

企業も安心してフリーランスを使える

企業も安心してフリーランスを使える

万が一の時にFREENANCEが補償してくれます。だから企業も安心してあなたを使えますよね。

フリー男性
確かにその通りですね!
例えばあなたが事故しちゃって納期が遅れるとします。それで損害が出た場合、誰も幸せにならないじゃないですか。そういう時でも安心ですよね。
Ryota

企業ってそもそもフリーランスを使うのが不安なんです。あなたもドコの誰か分からない人に仕事を頼むの不安ですよね。

だから補償に入っていて『万が一も大丈夫ですよ』のアピールが仕事獲得につながります。

あなたが反社じゃないことの証明にもなる

FREENANCE登録時に独自のデータベースからあなたが『反社会的じゃないか』を判断されます。それも企業からしたら安心。

色々話題で反社が身近なものになってますからね。企業側も不安を感じてます。そこを解決できますね。

メリット② 企業側に知られずお金が即振り込まれる

企業側に知られずお金が振り込まれる

企業側に知られずお金が振り込まれる

請求書買取サービスを利用しても企業側には知られません。

  • 今後の関係が悪くならない
  • お金が欲しかったことがバレない

上記メリットがありますね。

あと、仕事をした企業の経営が悪化した場合も便利。先にお金をもらっちゃえば支払いゼロになる恐れはないですよね。

企業って黒字でも倒産します。最近だと労働力不足倒産もありますよね。あなたも仕事をした企業が「まともな場所か」を判断する必要がありますよ。

\企業もあなたを安心して使える/

月額の利用料も必要なし

納期遅延や著作権侵害も補償される

3.FREENANCEを使うデメリット『利用時の手数料』

FREENANCEは手数料は高め

FREENANCEは手数料は高め

デメリットらしいデメリットはありません。1つ言うなら『手数料が高め』ってことですね。

デメリット:利用時の3%手数料が高い

フリーランスは1度の取引価格が大きくなります。1ヵ月で80万円を超えることもあるでしょう。その時に3%手数料が引かれると24,000円の出費…。大きいです。

年間を通じて利用していると30万円近くになります。30万円あったらいろんなことに使えますよね。

ピンチ以外は利用しなければOK

普段から請求書買取を使う必要はありません。お金が欲しいとか、大きな金額なので早めに振込みしてもらいたい時に使いましょう。

>> フリーランスの報酬を即日払い【FREENANCE】

4.FREENANCEの登録方法

FREENANCEの登録の流れ

FREENANCEの登録の流れ

WEBから登録します。

審査後にハガキを受け取ります。後は確認コードを入力して終了。5分で終わります。FaceBookやGoogleを利用して登録することも可能です。

 

\登録はこちら/

月額の利用料も必要なし

納期遅延や著作権侵害も補償される

 

特に大きなデメリットもないサービスです。フリーランス協会など、類似のサービスに加入していないのなら登録しましょう。

▼フリーランス協会について詳しいサービス内容はこちら▼

フリーランス協会のサービスについて
フリーランス協会の各保険・サービスの利用結果を紹介『評判・口コミ』

続きを見る

特にフリーランスになったばかりのあなたは即登録すべきです。

 

以上、「フリーランスの無料補償制度『FREENANCE』のメリットを解説」という記事でした。

 

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-フリーランスノウハウ

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.