ITエンジニア

フリーランスエンジニアが在宅仕事で生計を立てるコツ『地方でもOK』

フリーランスエンジニアが在宅仕事で生計を立てるコツ

「フリーランスエンジニアだけど在宅で生計を立てたい。地方に住みつつ、インドアで仕事をするスタイルで生きようと思ってる。でも、どうすれば仕事が見つかるの?」

そんな疑問にお答えします。当記事ではフリーランスエンジニアの在宅仕事が見つかる方法をお話します。

 

パラレルキャリアのRyotaです。働き方にこだわらないスタイルで生計を立てており、地方で様々な仕事を獲得しています。

 

当記事の内容はこちら

  1. フリーランスエンジニアが在宅仕事を獲得できる方法
  2. 在宅フリーランスエンジニアになるステップ
  3. 良くある疑問:未経験でも在宅フリーランスエンジニアになれるの?

 

在宅仕事は常駐案件から仕事を持ち帰る・フルリモート案件に応募する・一部リモート案件に応募するの3つから獲得できます。

しかし、どれも優秀な人が求められていますね。未経験からだと厳しいです。それぞれ詳しく解説しますね。

SPONSORED LINK

1.フリーランスエンジニアが在宅仕事を獲得できる方法

エンジニアが在宅仕事を獲得できる方法について

エンジニアが在宅仕事を獲得できる方法について

以下の2つです。

  1. 常駐案件に応募して仕事を持ち帰る
  2. 求人サイトからフルリモート・一部リモートの案件に応募する

最初から在宅の仕事に応募するのが1番確実。それができなければ、企業の信頼を獲得してから相談する流れになります。

① 常駐案件に応募して仕事を持ち帰る

企業はいきなり在宅にするのが不安

企業はいきなり在宅にするのが不安

企業の中で仕事をしてから、一部仕事をリモート扱いにしてもらいます。

フリー男性
それなら最初からリモートで良いんじゃないです?
企業も不安なんですよね。リモート仕事ってデメリットもありますから。どこの誰か分からない人に企業の目の届かない場所で仕事をさせます。コンプライアンスも守れませんよね。
Ryota

常駐勤務で信頼を獲得すればお互いに安心です。リモートの仕事を引き受けたは良いけど、自分のスキルで何ともならない…じゃ困っちゃいますからね。

また、常駐案件の方が数が多いのもポイント。リモートの仕事って人気なのでほとんどないんですよ。

常駐案件は高収入で長期雇用の仕事が多いです。それを一部リモートにした方があなたにもメリットがありますよね。

② 求人サイトからフルリモート・一部リモートの案件に応募する

フリーランスエンジニア向けの仕事を探している男性

フリーランスエンジニア向けの仕事を探している男性

フリーランスエンジニア向けの求人サイトに応募・相談。在宅可能な案件を獲得します。ポイントは以下の3つですね。

  • フルリモートの仕事は少ない
  • 在宅案件は人気なので優秀な人・実績のある人が有利
  • 求人が首都圏に集中している

一部リモートの場合、どうしても出社が必要になります。首都圏に住んでいる人じゃないと勤まりません。

※案件数の多いクラウドテックで検索したところ、当記事を書いている現在でフルリモートの求人が341件ありました。Webアプリ開発・自社用のアンドロイドアプリ開発の仕事が多め。

地方で常駐案件・リモート案件を探したいあなたへ

地方だとPE-BANKが支店を持っています。地方でも常駐案件を獲得できますので相談してみましょう。リモートについては勤務場所が関係ありません。

複数の求人サイトに応募してあなたのスキルに合ったものを紹介してもらいましょう。

SPONSORED LINK

2.在宅フリーランスエンジニアになるステップ

在宅フリーランスエンジニアになるために

在宅フリーランスエンジニアになるために

以下の2つです。

  1. 実績を積む
  2. 在宅可の仕事に応募する

非常にシンプルです。

これからリモート枠のある仕事が増えます。IT/WEB系仕事の需要が高まっているので、フリーランスエンジニアの仕事も増加します。

一方で『納期を守れない』『実力不足』のエンジニアも増えますので、フリーランスに対する風当たりが強くなります。クライアントに信用してもらえるかどうかでリモート枠の獲得が決まります。

① 実績を積む

常駐で仕事をしているフリーランスエンジニア

常駐で仕事をしているフリーランスエンジニア

どういう仕事をしてきたのかを書くためです。

  • 会社員
  • 常駐案件

この2つが特に信用されますね。個人の仕事をどれだけこなしていても実績とは言いづらいです。大企業と取引があるとか、会社員で『役職が就いた』とか。そういう企業が納得する実績を作ります。

クラウドソーシング・会社員で職務経歴を作ろう

クラウドソーシングでも企業との取引ができますね。長期雇用につながれば実績として書けます。派遣や正社員で3年ほど勤務するのもお勧めです。

※エンジニア経験3年以上だと高収入案件の多い求人サイトの利用も可能です。

職務経歴・ポートフォリオは『ブログ』『レジュメ』で作成しましょう。どういうものを作ったのか見てもらうのが1番信用されます。

レジュメについては以下の記事で解説しています。

お金のないフリーランス用ツール
お金のないフリーランスが外注費用を減らせる8つのツール『便利』

続きを見る

② 在宅可の仕事に応募する

これは既にお話したとおりですね。

リモート案件・一部リモート案件の求人を希望して応募しましょう。

Reworkerもリモートワーク×エンジニアの求人が見つかります。時短勤務や業務委託案件も見つかるのでチェックしてみましょう。

3.良くある疑問:未経験でも在宅フリーランスエンジニアになれるの?

未経験でリモートは難しい

未経験でリモートは難しい

正直言って難しいです。

リモートワークは企業から見たらデメリットもたくさんあります。

  • 目が届かない
  • コンプライアンスが守れない
  • 現在、どの程度進行しているか分からない
  • 指示しづらい

だから優秀なエンジニアを求めています。未経験者に仕事を依頼するってそれだけでも不安じゃないですか。少しでも経験のある人が有利です。

クラウドソーシングなら可能

クラウドソーシングなら『初心者でもできる仕事』が掲載されています。格安で失敗しても良い仕事を任せる考えだからですね。

あなたの実績を作るためにも利用しましょう。クラウドソーシングで実績になる仕事を増やしてから求人サイトに移行するのが普通の流れです。

また、求人ボックスでも未経験可のリモートワークは見つかります。正社員中心ですがチェックする価値はありますよ。

まとめ:在宅フリーランスエンジニアになりたいなら実績を作りましょう

在宅でプログラミングするって憧れですよね。コワーキングスペースで仕事するもよし、カフェでコーヒー片手に作業するもよし。

しかもフリーランスエンジニアって高収入です。年収1,000万で自由もあるなら夢の生活です。その夢を獲得するためにもコツコツ実績作りから始めましょう。

実績ができたら求人サイトを利用。さらに実績ができたら高収入案件の多い求人サイトを利用。これで実現できますよ。

 

以上、「フリーランスエンジニアが在宅仕事で生計を立てるコツ『地方でもOK』」という記事でした。

 

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-ITエンジニア

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.