フリーランスノウハウ

フリーランス案件が決まらないあなたの仕事が見つかる7つの方法

フリーランス案件が決まらないあなたへ

「フリーランスだけど案件が決まらない…。この先どうしたら良いんだろう。月に20万円くらい稼がないと生きていけないし。案件を決める方法があれば教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。

 

パラレルキャリアのRyotaです。以下のような経歴があります。

  • 7年間ブログを運営。お問い合わせによる企業からライターの仕事が来る。
  • ランサーズに登録。10日で企業から仕事が来る。

 

当記事の内容はこちら

  1. 個人でフリーランス案件を獲得する5つの方法
  2. 企業と協力してフリーランス案件を獲得する2つの方法

 

実際に個人で仕事を獲得した私なのでお伝えできることがあるかと思います。仕事がないって不安だし焦りますよね。そんなあなたを助けるために書きました。

当記事の内容を3つほど実践して頂ければ仕事が見つかるようになります。どうぞお役立てください。

SPONSORED LINK

1.フリーランス案件が決まらないあなたが個人で獲得する5つの方法

営業をするフリーランス

営業をするフリーランス

以下の5つです。

  1. 提案メールの内容をポジティブにする
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 低い単価の案件を引き受ける
  4. SNS経由で仕事を募集する
  5. ブログにお問い合わせフォームを設置する

なお、求人が見つからないあなたは当ブログでフリーランス向け求人サイトを紹介しています。

以下の2記事をご覧ください。

文系フリーランス向け求人サイト
【Webライター】文系フリーランス向けおすすめ求人サイト6選

続きを見る

フリーランスのエージェントサービス
『よし、相談だ!』フリーランスのエージェントサービス8選『安心』

続きを見る

最初に:向いていない・できない案件はすべて却下する

「良い案件ないかな…。」と、ネットサーフィンしていても仕事は決まりません。その時点で『できない言い訳』を探し始めるからです。

フリー男性
確かに…。クラウドソーシングとか適当に見るだけになってる。
あなたの能力を発揮できる案件だけに絞りましょう。
Ryota

例えばWebライターでもキュレーションサイトの案件が向いている人と自由に書ける案件が向いている人は違います。専門外のジャンルに挑戦しても良品を提出するのって難しいですよね。

  1. 自分の得意とすることは何か
  2. その中でもどういうジャンルが得意なのか
  3. ストレスに感じることは何か

上記3つを考えるだけでも違いますよ。

私の場合は『ある程度自由に書ける案件』じゃないと良い記事が書けません。Wordpress納品ならアイキャッチ画像から見出し・装飾の作成までストレスなく作業できます。クライアントも助かりますよね。

こんな感じでまとめていきます。

方法① 提案メールの内容をポジティブにする

提案メールの例

提案メールの例

いつも提案が却下される理由が『クライアントが不安に感じている』です。

アルバイトや就職時の面接をイメージしてください。

「私はドジで失敗ばかりです。たまに遅刻もします。こんな私だけど頑張って仕事をしますので、雇ってください。万が一の時は許してください。」

こんなことを伝えても雇いませんよね。もっと普通の人を雇おうって思います。雇うことに不安しかないからです。

提案メールではクライアントの不安を解消させます。

クライアントの不安を解消できる提案メール

  • 褒める、認める
  • 自分ならどうするのかをさらに提案する
  • 心地良い挨拶をする
  • 自分の経歴やアピールポイントを具体例・数字を使って伝える

提案メール例

初めまして、○○と申します。

パラレルキャリアの内容はこれからの時代に先駆けたものだと感じました。私も興味を持っておりましたので、ご一緒に仕事できれば嬉しく思います。

個人ではありますがブログを3年間運営しています。月5万PVを獲得しました。ポートフォリオはこちらです。ご検討頂ければ幸いです。

方法② ポートフォリオを作成する

当ブログのトップページ

当ブログのトップページ

今までの実績が分かる具体例が提示できればクライアントは安心します。ポートフォリオを持っていないのならポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオの作成ポイントについて

  • 分かりやすさ
  • あなたの強みが伝えられるかどうか
  • 整っているか

上記3つです。

フリー男性
たくさん提出すれば良いってもんじゃないんです?
そうなんですよ。時間も掛かっちゃいから、そんなに見れないですよね。クライアントが興味を持つ内容に絞って見せましょう。
Ryota

クライアントが男性向けのメディア運営会社だったとします。ブログをポートフォリオにした場合、同じく男性向けのブログを提出した方が分かりやすいですよね。

「こういう記事が書けるんだな…。フムフム。」

とも想像してもらいやすいです。

デザインもできてブログも運営しているのなら、デザインかブログどちらを強みにするか決めます。

デザインならデザイン特化のポートフォリオを提出すべき。ブログならアイキャッチを個人で書くなどして、デザインと組み合わせたオリジナル記事が書けることをアピールします。

 

ブログを使ったポートフォリオに関しては以下の記事をご覧ください。

フリーランスのブログ活用法
フリーランスのブログ活用法『月収50万1日6時間勤務実現のために』

続きを見る

方法③ 低い単価の案件を引き受ける

低い単価の仕事を引き受けるメリット

低い単価の仕事を引き受けるメリット

興味ある仕事が見つかれば低単価でも引き受けます。

  1. 次につながる
  2. 実績になる
  3. ポートフォリオにできる

上記3つのメリットがあるからです。

フリー男性
時給的にもったいない気がするんですよ。
下積みですよね。フリーランスの単価は信頼で上がります。信頼のないうちは信頼を得る目的で仕事を引き受けましょう。
Ryota

低い単価→高い単価の仕事につながります

最初は5,000円の案件でも信頼されると継続+1万円になったりします。

ブログなら『特別単価』という枠組みで単価が上がります。1,000円の案件が3倍の3,000円になることも珍しくありません。

同じくWebライターなら文字単価が上がります。1年後に文字単価3円になれば1日2記事執筆で暮らしていけるようになりますね。

実績のないうちに交渉しても単価は上がりません。仕事をこなしていくうちに単価が上がります。将来的に単価が上がるかどうかを考えつつ案件を選びましょう。会社規模が大きければ単価上がりやすいですよ。

方法④ SNS経由で仕事を募集する

各種SNS

各種SNS

ツイッターでWebディレクターやライターを募集している方がいます。フリーキーワードで『Web ライター 募集』で検索しましょう。

ツイッターでwebライター募集を検索

ツイッターでwebライター募集を検索

 

同じ要領で『プログラマー 募集』『デザイナー 募集』で検索すれば案件が見つかります。コンタクトを取って詳細を確認してみましょう。

フリーランス系の人をフォローしてアカウントを育てましょう

あなたと同じくフリーランスで活動している人たちをフォローします。フリーランス同士は横のつながりができやすく仕事の話も出てきます。

アフィリエイター・ブロガーをフォローするのもオススメです。デザインはもちろん、ライター募集をする人が多いためです。しかも継続案件が多いですね。

方法⑤ ブログにお問い合わせフォームを設置する

お問い合わせフォームのキャプチャ

お問い合わせフォームのキャプチャ

ブログが月1万PVほどになったらお問い合わせフォームを設置しましょう。仕事の依頼が入ってきます。

私のお問い合わせフォームからの連絡

私のお問い合わせフォームからの連絡

私の場合は連絡用お問い合わせフォームにしていますが、最初から仕事獲得用のお問い合わせフォームにする方法もあります。

サイドバーや各記事の最後にあなたに仕事を依頼するフォームを設置すれば完成。あなたへの依頼をアフィエイトや広告案件のように使うイメージです。

プラグインなしでお問い合わせフォームを作る方法

フォームメーラーのウェブサイト

フォームメーラーのウェブサイト

フォームメーラーを使いましょう。

 

無料でお問い合わせフォームを作成できます。完成したページにあなたのブログからリンクして終了。1つ作れば全ブログで使えます。

詳しい設置方法は私の『ブログ作成情報配信ブログ Parallel Road』の記事をご覧ください。

SPONSORED LINK

2.企業と協力してフリーランス案件を獲得する2つの方法

以下の2つです。

  1. フリーランス求人サイトでアドバイザーサービスを受ける
  2. 営業代行サービスを利用する

即仕事が見つからないと危険なあなたはこちらをご利用ください。

方法① フリーランス求人サイトでアドバイザーサービスを受ける

レバテックフリーランスのウェブサイト

レバテックフリーランスのウェブサイト

フリーランス向けエージェントサービスを使います。

例えばレバテックフリーランスだとフリーランス向け個別相談会が開催されています。

レバテックフリーランスの相談会

レバテックフリーランスの相談会

いきなり相談会は不安…。というあなたはメールで仕事情報を紹介してもらえます。アドバイザーサービスを利用すればあなたのスキルにあった仕事を探してくれます。

フリー男性
ちょっと行ってみようかな。
お金も掛かりませんし、相談するだけで安心します。フリーランス向けエージェントサービスは複数あります。あなたの得意分野とエージェントサービスの場所で判断しましょう。
Ryota
フリーランスのエージェントサービス
『よし、相談だ!』フリーランスのエージェントサービス8選『安心』

続きを見る

方法② 営業代行サービスを利用する

ネットリアルのウェブサイト

ネットリアルのウェブサイト

フリーランスでも使える営業を代行してくれるサービスです。

フリーランス向けのエージェントサービスとの違いは料金が掛かること。その代わりに、電話営業からDMまでさまざまな形の営業をしてくれます。

WebライターやIT関係以外の仕事をメインにしているフリーランス向けです。

おすすめの営業代行サービス

NetReal | テレアポリスト収集と電話営業の代行。初回コールで担当者とつながらなかった場合、1コール150円です。

GLOXY | 成果報酬型のテレアポ代行。初期費用5万+アポ単価2~5万円必要。

各クラウドソーシングでも営業代行サービスをしているフリーランスがいます。フリーランス同士でつながりを作ると予算が抑えられますね。

まとめ:フリーランス案件は自分から行動して獲得しましょう

個人でフリーランス案件を獲得する方法

  1. 提案メールの内容をポジティブにする
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 低い単価の案件を引き受ける
  4. SNS経由で仕事を募集する
  5. ブログにお問い合わせフォームを設置する

企業にフリーランス案件獲得を依頼する方法

  1. フリーランス求人サイトでアドバイザーサービスを受ける
  2. 営業代行サービスを利用する

仕事がない間はスキルアップも考えましょう。空いた時間をどう使うかもフリーランスの実力に関わってきます。

 

以上、「フリーランス案件が決まらないあなたの仕事が見つかる7つの方法」という記事でした。

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルキャリア

Ryota@パラレルキャリア

会社員・メディア運営・作曲家・Webライターのパラレルキャリア。人生に応じて働き方を変えて生計を立てる生活をしている。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。→ プロフィール

-フリーランスノウハウ

Copyright© フリーランスロード , 2019 All Rights Reserved.